2011年08月

規則正しい食生活

テレビの金スマ見られましたか。森三中の大島さんご夫妻が、今話題の「タニダ社員食堂」で出される献立を、31日にわたり食べてどれだけ痩せられるかに、挑戦し見事二人で15キロ痩せました。

これだけのことなら、只のダイエット番組ですが、規則正しい食生活が如何に大切か、毎日決まったカロリーを食べる事で、体の調子が良くなった。 そして、食に対しての感謝、相手に対しての思いやりを感じる事が出来る様になった。と大島さんご夫妻が言っていました。

私も身につまされるような気持ちになりました。

この番組を見られた方は、どう感じられましたでしょうか?

お盆も終わり

お盆も終わり、皆さんお疲れがどっと出て来たのではないでしょうか。

津和野では、20日「とうろう流し」がありこれが済んでやっと夏の行事が終わりになるのです。

今年も息子の友だちが大勢来てくれて、若者との会話が出来、私自身若返った気がしました。 さて、又いろいろと行事があります。

青年部は、中四国ブロック大会が9月に開催されますし、女性部はビーチボールバレー大会があり、今一生懸命練習しているのではないかな。

大勢の参加を、お待ちしています。

住宅問題

8月11日に「住宅政策懇話会」の会議があり、松江に行ってきました。

とても暑い日、そして松江らしく風がひどく、日傘がさせない状態でした。

会場に着いて鏡を見たら髪がすごい状態で、我ながらいやになりました。

会議では、島根県は全国平均と比べて一人住まいの高齢者がとても多く、老夫婦世帯もかなり率が高いとの報告でした。

この傾向は、ますます増加していくでしょう。 私はこの会議には経済関係で携わっているのですが、いろんな方向から考えて見ると、高齢者の住宅問題は、とても難しい課題だと思います。